80MHz~160MHzで表示器が異常となる。

質問日 : 2019/11/27(Wed) 18:04
質問者 mio
 制御盤内の基板ボックスに、有機ELパネルデバイス(20文字×2行)を実装して、外から画面が見られるように、はがきサイズの開口部を盤の扉に開けて、ガラスで塞いでいます。
放射無線周波電磁界イミュニティ試験にて、スイープの80MHz~160MHzを照射すると、有機ELパネルに表示されている文字が化けたり、表示が更新されなくなる現象が出ます。
 有機ELパネルデバイスは、基板内のマイコンからI2C通信でデータを取得して表示しています。
I2Cに電波が飛び込んで発生するのか、有機ELパネル自身が影響を受けるのか、切り分けができない状況です。
 内部の基板は、FGに接続した基板ボックスに実装し、基板GNDはFGと接続せず、電源ユニットまで行っています。

回答一覧

回答投稿フォーム
件名
名前 必須
コメント 必須 ※全角600文字以内
画像添付
※最大投稿サイズ : 5120000バイト ※画像は横200pix、縦150pixを超えると縮小表示されます。
画像認証 投稿キー ※半角数字
(確認画面は表示されません)
- 投稿する上での注意事項 -
  • 投稿する上での必須入力項目は「名前」「コメント」です。
  • 既存の記事に簡単に「返信(回答)」することができます。
  • 投稿する上で、HTMLタグの使用はできません。
  • この掲示板は画像ファイルをアップロードすることができます。
    • 最大投稿サイズ : 5120000バイト
    • 画像は横200pix、縦150pixを超えると縮小表示されます。
  • 管理者が著しく不適当と判断する記事や、他人を誹謗中傷する記事は予告なく削除することがあります。

- WEB PATIO -