車載機器のEMC規格と対策

本ページでは、『製品別のEMC規格と対策』の中においての『車載機器のEMC規格と対策』をご紹介いたします。自動車には様々な機器が搭載され、稼働しています。身近なところでは、カーナビ、ETC、ドライブレコーダー、オーディオ機器、など、多種多様な電子機器が今や自動車に必要不可欠となっております。
イミュニティ、エミッションを適切に考慮しなければ、EMCに関連する障害が発生してしまいます。
特に電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の台頭から、様々な電子機器の搭載が進み、自動車のEMC設計やEMC対策も大きく変わりました。
今後、自動運転レベル5実現に向けてより一層EMC技術が重要となってくることからも、こちらのページがエンジニアの方々の参考になれば幸いです。

代表的な車載機器 カーナビゲーションシステム
ドライブレコーダー
ETC
オーディオ機器
液晶ディスプレイ
ECU
車載カメラ(バックカメラ、サイドカメラ、等)
車載機器に関連する主なEMC規格 IEC IEC61000-4
CISPR CISPR25
ISO ISO7637-2
ISO7637-3
ISO11452-2
ISO11452-3
ISO11452-4
ISO11452-5
ISO11452-8
ISO11452-9
ISO11452-10
ECE ECE-R10

車載機器の製品カテゴリ

車載機器のEMC規格と対策
カーナビのEMC規格と対策
ここでは『カーナビのEMC規格と対策』に関してのEMC規格やEMC対策事例をご紹介します。
各メーカーの具体的なEMC設計・EMC対策を掲載しています。