電波暗室 比較検索・メーカー一覧

1.電波暗室をCENDで探す

本ページは電波暗室の比較検索・メーカー一覧ページです。 CENDに掲載されている各メーカーの電波暗室の「製品画像/製品名(シリーズ名・通称・型名・型式など)/製品の特長/メーカー名」の検索結果を一覧表示しています。 各電波暗室の製品をクリック頂ければ、製品仕様やメーカー情報などの詳細を表示するページをご覧頂くことが可能です。 詳細ページでは、各メーカーへの見積り依頼やお問い合わせも可能となっており、CENDから見積り・お問い合わせ頂くと月刊EMCをもれなくプレゼントさせて頂きます。

電波暗室の製品仕様やメーカーなどでさらに絞り込み検索・一覧表示をしたい場合は下記の『ノイズ対策部品・EMC対策部品検索・一覧ページ』より製品検索をお願いします。 また、電波暗室が関わる「EMCの基礎」を知りたい場合は下記の『EMC入門講座』をご覧下さい。

電波暗室掲載製品一覧

  • 10m法電波暗室 FACTシリーズ(日本イーティーエス・リンドグレン株式会社)
    メーカ名:日本イーティーエス・リンドグレン株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・EMI/EMSに対応
    ・3m法電波暗室 8.5x6.1x5.6m(NSA+/-3dB)等もございます。
  • 小型電波暗室 SpaceSaver(日本イーティーエス・リンドグレン株式会社)
    メーカ名:日本イーティーエス・リンドグレン株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・小型
    ・EMI/EMSの予備試験
  • ワイヤレス評価用電波暗室 AMS-8000シリーズ(日本イーティーエス・リンドグレン株式会社)
    メーカ名:日本イーティーエス・リンドグレン株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・ワイヤレスアンテナ評価用
    ・携帯電話、ノートパソコン、タブレット端末など
    ・LTE、Wi-Fi、Bluetoothなど
    ・テーパー型、矩形型等
  • リバブレーションチャンバー SMART100(日本イーティーエス・リンドグレン株式会社)
    メーカ名:日本イーティーエス・リンドグレン株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・IEC61000-4-21、RTCA DO-160、ISO11452-11等対応
    ・別途、SMART80(80MHz-18GHz)、SMART200(200MHz-18GHz)等、ご要望に対応
  • 3m 法電波暗室 3m 法電波暗室(日本シールドエンクロージャー株式会社)
    メーカ名:日本シールドエンクロージャー株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:※電界均一性 (80MHz ~ 3GHz)

    詳細はお問い合わせ下さい。
  • 小型電波暗室 小型電波暗室(日本シールドエンクロージャー株式会社)
    メーカ名:日本シールドエンクロージャー株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:※電界均一性 (80MHz ~ 6GHz)
    ※サイトアッテネーション (30MHz ~300MHz は± 6.0)

    詳細はお問い合わせ下さい。
  • 車載機器用電波暗室 車載機器用電波暗室(日本シールドエンクロージャー株式会社)
    メーカ名:日本シールドエンクロージャー株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:詳細はお問い合わせ下さい。
  • マイクロ波電波暗室 マイクロ波電波暗室(日本シールドエンクロージャー株式会社)
    メーカ名:日本シールドエンクロージャー株式会社
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:詳細はお問い合わせ下さい。
  • 10m法電波暗室 10m法電波暗室(株式会社リケン環境システム)
    メーカ名:株式会社リケン環境システム
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・EN、FCC、VCCI、CISPR、ISO、JASO対応
    ・CISPR16-1-5CALTS CSA±1.0dB対応可能
    ・段差なし大型ドア
    ・大地等価床対応可能
    ・オプション設備:デュアルターンテーブル、シャーダイナモ
    ・シールド部材、シールドドア、ターンテーブル、アンテナマスト、GP-IBコントローラー等の主要設備全て自社設計、国内製造に対応
    ・電波暗室用建屋の設計・施工・工事管理全て対応可能
    (一級建築士事務所登録、特定建設業許可)
  • 3m法電波暗室 3m法電波暗室(株式会社リケン環境システム)
    メーカ名:株式会社リケン環境システム
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・EN、FCC、VCCI対応
    ・高周波電波吸収体に高さ8cmの電波吸収体採用、室内空間の有効利用が可能
    ・自動車搬入及び各種自動車規格にも対応可能
    ・シールド部材、シールドドア、ターンテーブル、アンテナマスト、GP-IBコントローラー等の主要設備全て自社設計、国内製造に対応
    ・電波暗室用建屋の設計・施工・工事管理全て対応可能
    (一級建築士事務所登録、特定建設業許可)
  • 車載機器用電波暗室 車載機器用電波暗室(株式会社リケン環境システム)
    メーカ名:株式会社リケン環境システム
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・CISPR25、2004/104/EC対応
    ・高周波電波吸収体に高さ8cmの電波吸収体採用、室内空間の有効利用が可能
    ・床アース方式、壁アース方式(電波吸収体着脱式)の双方に対応可能
    ・シールド部材、シールドドア、ターンテーブル、アンテナマスト、GP-IBコントローラー等の主要設備全て自社設計、国内製造に対応
    ・電波暗室用建屋の設計・施工・工事管理全て対応可能
    (一級建築士事務所登録、特定建設業許可)
  • アンテナ用電波暗室 アンテナ用電波暗室(株式会社リケン環境システム)
    メーカ名:株式会社リケン環境システム
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:・FM波よりミリ波までの広帯域な周波数に対応可能
    ・クワイエットゾーン特性を独自のシミュレーションによりご提案
    ・シールド部材、シールドドア、ターンテーブル、アンテナマスト、GP-IBコントローラー等の主要設備全て自社設計、国内製造に対応
    ・電波暗室用建屋の設計・施工・工事管理全て対応可能
    (一級建築士事務所登録、特定建設業許可)
  • 電動パワートレイン評価用電波暗室	 EDTC-Blue Box モバイルテストベンチ付き (株式会社テイエスエスジャパン)
    メーカ名:株式会社テイエスエスジャパン
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:EDTC-BlueBoxは、専用の電波暗室が必要となる従来のシャフト固定式評価システムとは異なり、測定距離1.0mが確保できる電波暗室があれば、測定が可能になるモバイルテストベンチです。
    電波暗室の外に設置していた負荷用ロードマシンをBlueBox下部のシールドボックスに格納しました。
    シャフト固定式電波暗室での評価と遜色ない同様のテスト
    (ブレーキ、駆動、回転方向(右/左)、速度調整、トルク制御、及び混合負荷)が可能です。
    CISPRテストテーブルと組み合わせての試験や、ターンテー
  • 3m法小型電波暗室	 CHC(株式会社テイエスエスジャパン)
    メーカ名:株式会社テイエスエスジャパン
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:CHCは、測定距離3,0 mの小型電波暗室です。
    放射Immunity(EMS)試験規格IEC/EN61000-4-3に準じた評価が可能なので、主に研究開発時の評価対策用途として人気があります。
    【対応規格】
    Emission(EMI)
    CISPR16-1-4(高さ制限あり), Pre-compliant
    Immunity(EMS)
    IEC/EN 61000-4-3, Full compliant
  • "車両及び車載部品評価用
電波暗室"	 AVTC(株式会社テイエスエスジャパン)
    メーカ名:株式会社テイエスエスジャパン
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:AVTCは、車両及び車載部品用電波暗室で、測定距離3.0mの時に、Φ3.0mのクワイエットゾーンを確保します。
    車両及び車載部品以外にも、商業用のエミッションおよびイミュニティ試験が可能です。
    【対応規格】
    Emission(EMI)
    CISPR 16-1-4 and ANSI C63.4, full compliant
    CISPR 25 Ed.4 and CISPR 12, full compliant
    Immunity(EMS)
    IEC/EN 61000-4-3
  • 5G対応電波暗箱	 5G OTA H300(株式会社テイエスエスジャパン)
    メーカ名:株式会社テイエスエスジャパン
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:H300は、5GOTAテストシステムが可能な、600MHz~110GHzに対応した電波暗箱です。
    電波暗箱でありながら、オプションで耐候性測定(温度 -40~90℃ 湿度 10~98%)も可能です。
    技術開発者の負担を可能な限り削減するため、emiteはご希望の測定に合わせた
    ハードウェアとソフトウェアをターンキーソリューションでご提供します。
  • 10m 法 /3m 法FCC ファイリングタイプ大型電波暗室(株式会社テクノサイエンスシステムズ)
    メーカ名:株式会社テクノサイエンスシステムズ
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:主要設備(オプション含む)
    ・ターンテーブル
    ・地下対向機室
    ・アンテナ昇降機
    ・チルトアンテナ昇降機
    ・プロジェクタ(スクリーン)
    ・ITV カメラ(モニタ)
    ・床置き吸収体移動装置
    ・段差無自動シールドドア
    ・LED 照明
    ・写真提供:沖エンジニアリング㈱様
  • 3m法FCCファイリングタイプ電波暗室(株式会社テクノサイエンスシステムズ)
    メーカ名:株式会社テクノサイエンスシステムズ
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:主要設備(オプション含む)
    ・ターンテーブル
    ・アンテナ昇降機
    ・チルトアンテナ昇降機
    ・プロジェクタ(スクリーン)
    ・ITV カメラ(モニタ)
    ・床置き吸収体移動装置
    ・段差無自動シールドドア
    ・LED 照明
  • 小型電波暗室(株式会社テクノサイエンスシステムズ)
    メーカ名:株式会社テクノサイエンスシステムズ
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:主要設備(オプション含む)
    ・ターンテーブル
    ・アンテナ昇降機
    ・プロジェクタ(スクリーン)
    ・ITV カメラ(モニタ)
    ・段差無自動シールドドア
    ・LED 照明
  • 車載用電波暗室(株式会社テクノサイエンスシステムズ)
    メーカ名:株式会社テクノサイエンスシステムズ
    カテゴリ:電波暗室
    特徴:電界均一性:CISPR25 ISO11452-2

    主要設備(オプション含む)
    ・アンテナ昇降機
    ・プロジェクタ(スクリーン)
    ・ITV カメラ(モニタ)
    ・段差無自動シールドドア
    ・LED 照明
    ・CISPR25 規 格 に よ る 最小サイズから実車測定用まで対応可能です。
    ・写真提供:沖エンジニアリング㈱様

2.電波暗室の基本

電波暗室は外部から電波の影響を受けず、また外部に電波を漏らさない部屋のことを示します。
さらに、内部には電波を吸収する電波吸収体が貼り付けられています。
主に内部でEMC試験(EMI試験・イミュニティ試験)を行うために使用されます。

3.電波暗室の主なメーカー一覧

電波暗室の主要なメーカー一覧は下記の通りです。
CENDでは主要な電波暗室のメーカーを掲載しております。

  • 株式会社リケン環境システム
    (本社住所:埼玉県熊谷市末広4-14-1 創業:1979年(昭和54年)3月28日 社名英文表記:RIKEN ENVIRONMENTAL SYSTEM CO.,LTD. )
  • 日本シールドエンクロージャ―株式会社
    (本社住所:大阪府守口市南寺方東通4-11-12 創業:昭和47年6月15日 社名英文表記:Japan Shielded Enclosures Co.,LTD. )
  • 株式会社テイエスエスジャパン
    (本社住所:東京都町田市南成瀬1-8-12 中山ビル3-A  創業:2006年10月 社名英文表記:TSS JAPAN Co. )
  • 日本ETSリンドグレン株式会社
    (本社住所:東京都文京区小日向4-2-6 創業:2002年6月1日  社名英文表記:ETS-Lindgren Japan, Inc. )

など

4.電波暗室の主な製品・シリーズ名称一覧

電波暗室の主な製品・シリーズ名称一覧として下記のようなものがあります。
CENDには主要な製品・シリーズが掲載されています。

  • 10m法電波暗室【FACTシリーズ】(日本ETSリンドグレン株式会社)
  • ワイヤレス評価用電波暗室【AMS-8000シリーズ】(日本ETSリンドグレン株式会社)
  • 小型電波暗室【SpaceSaver】(日本ETSリンドグレン株式会社)
  • 3m法電波暗室(日本シールドエンクロージャ―株式会社)
  • マイクロ波電波暗室(日本シールドエンクロージャ―株式会社)
  • 車載機器用電波暗室(株式会社リケン環境システム)
  • アンテナ用電波暗室(株式会社リケン環境システム)
  • EDTC-Blue Box モバイルテストベンチ付き(株式会社テイエスエスジャパン)
  •  
  • 車両及び車載部品評価用 電波暗室(株式会社テイエスエスジャパン)

など

5.電波暗室の仕様の主な項目一覧

電波暗室の主な仕様項目(CENDでの検索項目)一覧は下記の通りです。
下記の検索項目を使用して目的の電波暗室を検索・一覧表示できます。

  • 仕様項目① メーカー名
  • 仕様項目② 取扱店
  • 仕様項目③ 型名/シリーズ

6.CENDで電波暗室の比較選定を行うメリット

CENDで電波暗室の比較選定を行うメリットを記載します。

CENDでは、取り扱っている製品カテゴリ毎に同一のフォーマットで掲載を行っています。
個別にカタログを取り寄せたり、個別にカタログをダウンロードする手間は非常に大きくなります。
また、各社ごとに項目の名称や掲載項目が異なるため、比較選定が非常に難しく、手間もかかります。
その点、CENDならば同一フォーマットで製品を掲載することで、比較選定が非常に容易になります。

また、仕様での絞り込み検索も可能なので、求めている製品を絞り込んで一覧表示させることで、目的の製品をスムーズに探すことが可能となっています。
さらに、EMC専門のWEBサイトであるCENDは、各製品の基本的な情報や使い方、効果などの基礎技術記事も掲載しており、予備知識としてご活用頂けます。

CENDより電波暗室のお問い合わせと頂くことで、ノイズ対策・EMC対策の専門月刊誌「月刊EMC」(3200円相当)も無料で贈呈させて頂きます。
また、CENDへ電波暗室の情報掲載をご検討の企業様はお問合せフォームよりご連絡下さい。

製品カテゴリー一覧