除細動器、AEDによる電磁干渉の可能性

質問日 : 2020/01/08(Wed) 17:21
質問者 めがね
除細動器やAEDの電磁放射については IEC60601-1-2(CISPR11)へ適合する他、一部の除細動器・AEDはRTCA/DO-160§21Cat.Mに適合している商品もあります。しかしDO160§21Cat.Mでは除細動充放電中の電磁放射を評価していますが、除細動を行う(人体に電流を流す)際の状態を評価していません。エミッション規格に適合しているからと思い安心したいところですが、除細動時は、例えばピーク電流:60A以上、パルス幅:4msと大電流ですがごく短時間電流が流れることがあるため、やはりユーザーの責任において除細動器やAEDが及ぼす電磁干渉の可能性を検証する必要があるでしょうか?それともごく短時間の作動であるので、心配する必要はないでしょうか?

回答一覧

回答投稿フォーム
件名
名前 必須
コメント 必須 ※全角600文字以内
画像添付
※最大投稿サイズ : 5120000バイト ※画像は横200pix、縦150pixを超えると縮小表示されます。
画像認証 投稿キー ※半角数字
(確認画面は表示されません)
- 投稿する上での注意事項 -
  • 投稿する上での必須入力項目は「名前」「コメント」です。
  • 既存の記事に簡単に「返信(回答)」することができます。
  • 投稿する上で、HTMLタグの使用はできません。
  • この掲示板は画像ファイルをアップロードすることができます。
    • 最大投稿サイズ : 5120000バイト
    • 画像は横200pix、縦150pixを超えると縮小表示されます。
  • 管理者が著しく不適当と判断する記事や、他人を誹謗中傷する記事は予告なく削除することがあります。

- WEB PATIO -