1.電波の定義

「電波」の語源は 1893 年( 明治 26 年) "電気訳語集"で 伊藤潔氏が"Electric Wave"の訳語として示した「電波」 と考えられる。
また日本で最初の無線電信試験において松代松之助氏が試験の対象を「電気波」と呼んでいるので、電波は電気波由来として間違いないだろう、しかし試験の対象はHertzが定義した「(無線電信に適した)空間を伝搬する電磁波」そのものである。
Hertz はこれを電気波と区別しているが、明治の先駆者はそうはしていない。
そして1950年制定の「電波法」において、欧米の標準語である"radio wave"に合わせる形で、周波数範囲で定義される用語となって現在に至ったと考えられる。
これは明らかにHertz が定義した電磁波である。

空間の電磁波と線上の電気波
空間の電磁波と線上の電気波

2.電波の語源(起源・由来)

「電波」 に対応する英語は和英辞書などで通常"Radio wave" とされる。
また、総務省のHP の電波法英語版のように単に"Radio" とされる場合もある。しかし、一部の辞書には"Electric wave" とある。
ネットには "Electromagnetic wave"との不正確な翻訳も見られる。
逆に英語の "Radio" については「 ラジオ( 受信機)」 または「 無線通信」 と訳した英和辞書がある。
さらに、同類語の"Radio control" は多くの辞書で「ラジコンまたは無線操縦」とされ、「電波操縦」 とは一般に言わないようである。「電波」と"Radio"の対応が統一されていない。
加えて「電波は電磁波の略称である」と不正確な説明がネット検索で見つかるなど、混乱も見られる。
そこで「電波」と"Radio"、"Electric wave:電気波"、"Electromagneticwave:電磁波"という言葉の成り立ち、起源・由来を遡ることで、それらの正確な意味を探ることとする。
「名は体を表す」と言われるように、用語から基本的性質の一端を知ることができる。

現代における電波の定義は1950年制定の電波法( 第一章、第二条の一)で与えられるというのが一般的な認識であり、「電波とは、三百万メガヘルツ以下の周波数の電磁波をいう。」と記述されている。
つまり、電波とは「 特定の周波数以下の電磁波」 を電磁波全体から区別するために付けられた別名称であり、電磁波一般を意味するものではない(当然であるが電磁波の略称ではない)。
電磁波は周波数によって異なる性質を示す。
例えば、最も基本的な電離/ 非電離の区分がある。また電波についても、周波数によって伝搬特性や物質との相互作用などで様々な違いがあることから周波数帯で定義する中波、短波、マイクロ波などの別名称がある。

電波の上限の周波数は普遍ではなく時代と共に変えられてきた。これはradio wave やradio が当初は無線通信などの特定の用途を念頭にした用語として使用され、時代が進むに従いより高い周波数帯の利用が必要とされてきたからである。

3.電波の生みの親はHertz

今日「 電磁波」 の最初の発見についての通説は、「Maxwellがその存在を数学的に推測( 予言) した後に Hertzが検証した」 となっている。
しかし正確に言えば、Maxwell は、「光は"Electromagnetic disturbance in the form of waves:波の姿をした電磁擾乱"である」と予言したのであって、光より遥かに周波数が低い電磁波、つまり radio wave( 電波)の存在までは示唆していなかった。
Hertz はこの方程式から( 光とは違って) 見えない電磁波(電波) が存在し得ることを推測し、Maxwell の1864 年の予言から 13 年後( 没後 9 年) の 1887 年、電波の発生と検出に必要な実験機器を考案制作して見事にその存在を実証した。
このことがその後の様々な電波利用の創出を可能にしたものであり、Hertz の功績は極めて大きい。