試験器減衰振動波試験器、耐高周波サージ試験器

EMC関連製品・ノイズ対策部品情報

製品写真(外形図)

製品の特長

各種結合用クランプ、プローブございます。
ファスト・トランジェントバースト試験器、電圧減衰振動波試験器、ノイズシミュレータなどと組み合わて使用できる、電源線にノイズを直接注入する治具や結合減結合回路網(CDN)をご用意しております。
詳細はお問い合わせください。

メーカ名 ノイズ研究所 (NoiseKen)
取扱店
型名/シリーズ SWCS-931SD
通称 減衰振動波試験器、耐高周波サージ試験器
試験器タイプ EMS
周波数 Hz START 0
周波数 Hz END 0
周波数設定
周波数表示
メモリ
電圧測定誤差 ±dB
指示モード
電源 W
寸法H mm 200
寸法W mm 430
寸法L mm 400
重量 kg 7
機能 出力波形 : 減衰振動波
出力電圧 : 100~1500V
極性 : 正(第一波)または負
振動周波数 : 1.5MHz
半波高値に至る時間 : 10 μ s
出力インピーダンス : 50~200 Ω(10 Ωピッチ設定可能)
繰り返し周期 : 0.4~400Hz
印加時間 : 1s~10min または連続
特長 ・半導体スイッチを採用し高精度を実現しました。
・繰り返し周波数は0.4 ~ 400Hz の範囲で可変できます。
・カップリングコンデンサの切替えが容易に行えます。

【対応規格】
・各メーカー規格
主な用途 スイッチングデバイスの接点間の放電、電子モーターから発生するアーク放電などによる繰り返しの早い高周波ノイズを模擬的に発生し、電子機器の耐性を評価する試験器です。出力波形は電圧が徐々に減衰していく、減衰振動波と呼ばれる波形です。
  • 本表・項目名はCENDが独自に構成した物であり、いかなる理由においても全部または一部の無断利用・転載を禁止します。

企業詳細情報

会社名 株式会社ノイズ研究所
所在地 〒252-0237
神奈川県相模原市中央区千代田1-4-4
問合せ先 営業部
TEL:042-712-2031
FAX:042-712-2030