株式会社イシカワ

※「お問い合わせ」も上記よりお送りください。
見積もり・問合せで
月刊EMCプレゼント!

EMC試験サイト(EMC試験所)

会社名 株式会社イシカワ
EMC試験サイト名 EMC研究所
サイト所在地 〒230-0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦2-3-18
TEL:045-500-2255
FAX:045-500-2256
問合せ先 同上
TEL:045-500-2255
FAX:045-500-2256
備考

EMC試験サイトの種類と規模

EMC試験サイトの種類 電波暗室
試験サイトの大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 21.5×13.5×8.9
最大電力供給能力 単相:50.0kVA三相:50.0kVA
試験サイトの減衰特性 ±4.0dB 以内
ターンテーブル 直径:4.0m積載重量:3.0t
計測室の大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 4.7×4.1×2.5
EMC試験サイトの種類 電波暗室
試験サイトの大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 9.0×6.0×5.7
最大電力供給能力 単相:50.0kVA三相:20.0kVA
試験サイトの減衰特性 ±3.5dB 以内
ターンテーブル 直径:2.0m積載重量:0.5t
計測室の大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 4.6×2.8×2.5
EMC試験サイトの種類 シールドルーム
試験サイトの大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 4.9×2.9×2.8
最大電力供給能力 単相:2.0kVA三相:-
試験サイトの減衰特性 ±- 以内
ターンテーブル 直径:0.0m積載重量:0.0t
計測室の大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 0.0×0.0×0.0
EMC試験サイトの種類 シールドルーム
試験サイトの大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 8.0×5.0×2.8
最大電力供給能力 単相:20.0kVA三相:-
試験サイトの減衰特性 ±- 以内
ターンテーブル 直径:0.0m積載重量:0.0t
計測室の大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 0.0×0.0×0.0

エミッション試験(EMI試験)

試験項目(基本規格) 試験対象ポート 主要特性(項目:仕様)
放射エミッション 筐体 測定周波数範囲 9.0kHz~40.0GHz
測定 3.0m,10.0m
伝導エミッション 電源線 測定周波数範囲 9.0kHz~30.0MHz
AMN電流容量 単相:16.0A三相:100.0A
通信線 疑似回路網のタイプ ISN(2線)、ISN(4線)、ISN(8線)、電流プローブ、容量性電圧プローブ
電源高調波IEC61000-3-2 電源線 供給電源容量 単相:16.0A三相:-
電圧変動&フリッカIEC61000-3-3 電源線 供給電源容量 単相:16.0A三相:-

イミュニティ試験(EMS試験)

試験項目(基本規格) 試験対象ポート 主要特性(項目:仕様)
静電気放流IEC61000-4-2 筐体 最大試験電圧 ±30.0kV
試験器名 ノイズ研究所 ESS-S3011A他
放射性RF電磁界IEC61000-4-3 筐体 電界強度 最大20.0V/m
周波数範囲 26.0MHz~6.0GHz
変調条件 AM、FM、PULSE
EFT/バーストIEC61000-4-4 電源線 CDN電流容量 単相:32.0A三相:32.0A
CDNのタイプ TESEQ NSG3040 / CDN3043-C32
信号・制御・通信線 容量性クランプの有無 有り
サージIEC61000-4-5 電源線 CDN電流容量 単相:32.0A三相:32.0A
信号・制御・通信線 CDNのタイプ TESEQ NSG3040 / CDN3043-C32
伝導性RFコモンモードIEC61000-4-6 電源線 CDN電流容量 単相:16.0A三相:-
信号・制御・通信線 CDNのタイプ 有り
電源周波数磁界IEC61000-4-8 筐体 磁界強度 300.0A/m
対応周波数 -~60.0Hz
コイルの大きさ 1.0m×1.0m
電源ディップ・瞬断IEC61000-4-11 電源線 供給電流容量 単相:16.0A三相:-
性能劣化および誤動作判定用機器 TVモニタ, カメラ, インターフォン,騒音計

利用方法/認定機関

iNARTE 取得エンジニア 在籍
利用方法 依頼測定、立合測定、対策サービス、申請サービス
認定機関 VLAC
試験可能製品 医療機器、鉄道関連、マルチメディア機器、照明機器、その他
その他 VCCI、FCC、TÜVラインランド、BSMI
設備使用料・その他
・御見積依頼の際は、「試験対象製品概要」にて寸法・重量・電源仕様について記載頂けるとよりスムースなご提示が可能です。

・台湾BSMI認証取得済み。
・鉄道規格(IEC 62236-3-2, -4,EN 50121-3-2,-4)に対応済み。
・EN55035(CISPR35)に対応済み。
・協力会社と連携し安全試験にも対応。お気軽にお問合せ下さい。
・IEC 60601-1-2 Ed.4 対応設備を導入。
・EN 301 489-1, -3, -4, -17, -19の最新版に対応。
・警報システム等のイミュニティ試験規格(EN50130-4)にも対応。
・京浜急行線 生麦駅またはJR鶴見線 鶴見小野駅から徒歩15分。

株式会社イシカワ 対応規格

エミッション測定

VCCI 技術基準:VCCI-CISPR 32*1
FCC 47CFR Part15 Subpart B:ANSI C63.4 -2014
FCC 47CFR Part18:FCC MP-5 (February 1986)
CISPR 11, CISPR 13*2, CISPR 14-1, CISPR 15, CISPR 22, CISPR 32*1
EN 55011, EN 55013*2, EN 55014-1, EN 55015, EN 55022, EN 55032*1
AS CISPR 11, AS/NZS CISPR 13*2, AS CISPR 14.1, AS CISPR 15
AS/NZS CISPR 22, AS/NZS CISPR 32*1, AS/NZS 61000.6.3, AS/NZS 61000.6.4
電気用品の雑音の強さ測定法(4章, 5章, 7章)
J55011, J55014-1, J55015, J55032*1, CISPRJ 15, CISPRJ 32*1
IEC 61000-6-3, IEC 61000-6-4, IEC 61000-6-8, EN 61000-6-3, EN 61000-6-4, EN 61000-6-8
ICES-003, BETS-7, CNS 13803, CNS 13438, CNS 13783-1
IEC 62236-3-2, IEC 62236-4, EN 50121-3-2, EN 50121-4
IEC 61326-1, IEC 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
EN 61326-1, EN 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
JIS C 61326-1, JIS C 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
IEC 60601-1-2, IEC 60601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
EN 60601-1-2, EN 60601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
JIS T 0601-1-2, JIS T 0601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
AS/NZS 3200.1.2, AS/NZS 3200.2.2/.2.5/.2.6/.2.16/.2.21/.2.24/.2.25/.2.35/.2.39

*1 放送受信機を除く
*2 受信機以外, 付属装置試験のみ


イミュニティ試験

CISPR 14-2, CISPR 20*2, CISPR 24, CISPR 35
EN 55014-2, EN 55020*2, EN 55024, EN 55035
IEC 61000-6-1, IEC 61000-6-2, EN 61000-6-1, EN 61000-6-2
JIS C 61000-6-1, JIS C 61000-6-2
IEC 62236-3-2, EN 50121-3-2, IEC 62236-4, EN 50121-4
IEC 61547, EN 61547, EN 50130-4
AS/NZS CISPR 14.2, AS/NZS CISPR 20*2, AS/NZS CISPR 24
AS/NZS 61000.6.1, AS/NZS 61000.6.2
IEC 61000-4-2/-4-3/-4-4/-4-5/-4-6/-4-8/-4-9/-4-11
EN 61000-4-2/-4-3/-4-4/-4-5/-4-6/-4-8/-4-9/-4-11
JIS C 61000-4-2/-4-3/-4-4/-4-5/-4-6/-4-8/-4-11
IEC 61326-1, IEC 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
EN 61326-1, EN 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
JIS C 61326-1, JIS C 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
IEC 60601-1-2*3, IEC 60601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
EN 60601-1-2, EN 60601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
JIS T 0601-1-2, JIS T 0601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
AS/NZS 3200.1.2, AS/NZS 3200.2.2/.2.5/.2.6/.2.16/.2.21/.2.24/.2.25/.2.35/.2.39

*2 受信機以外, 付属装置試験のみ
*3 近接磁界に対するイミュニティ試験を除く

電源高調波試験

IEC 61000-3-2, IEC 61000-3-3, IEC 61000-3-11,
EN 61000-3-2, EN 61000-3-3, EN 61000-3-11, JIS C 61000-3-2
IEC 61000-6-3, EN 61000-6-3, IEC 61000-6-8, EN 61000-6-8
AS/NZS 61000.3.2, AS/NZS 61000.3.3, AS/NZS 61000.3.11
IEC 61326-1, IEC 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
EN 61326-1, EN 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
JIS C 61326-1, JIS C 61326-2-1/-2-2/-2-3/-2-6
IEC 60601-1-2, IEC 60601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
EN 60601-1-2, EN 60601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
JIS T 0601-1-2, JIS T 0601-2-2/-2-3/-2-5/-2-6/-2-16/-2-21/-2-24/-2-25/-2-35/-2-37/-2-39
AS/NZS 3200.1.2, AS/NZS 3200.2.2/.2.5/.2.6/.2.16/.2.21/.2.24/.2.25/.2.35/.2.39

通信機器性能試験

EN 301 489-1, EN 301 489-3, EN 301 489-4, EN 301 489-17, EN 301 489-19

※2021年7月時点

試験サイト写真

  • (左)神奈川県 株式会社イシカワ -EMC研究所
  • (右)神奈川県 株式会社イシカワ -EMC研究所
  • 予約状況はあくまで目安となります。詳細は各試験サイトにお問合せ下さい。
  • 試験サイト側が予約状況を記載していない場合も空白表記となります。
(「お問い合わせ」も上記よりお送りください)
  • 本表・項目名はCENDが独自に構成した物であり、いかなる理由においても全部または一部の無断利用・転載を禁止します。