(一財)日本自動車研究所(JARI)

EMC試験サイト(EMC試験所)

会社名 (一財)日本自動車研究所(JARI)
EMC試験サイト名 ロボット安全試験センター
サイト所在地 〒305-0818
つくば市学園南2丁目 8-5
TEL:029-869-9100
FAX:
問合せ先 日本自動車研究所 企画・管理部
TEL:029-856-1120
FAX:029-856-1124
備考 ・予約管理は、一般財団法人 日本自動車研究所が行います。
・利用料金・ご質問などは、日本自動車研究所へお問い合わせ下さい。 
・検証センターは日本自動車研究所が運営し、EMC試験以外でも、電気安全・機械安全など安全性の試験、トータルコンサルティングなどを行います。

EMC試験サイトの種類と規模

EMC試験サイトの種類 電波暗室
試験サイトの大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 25.0×15.2×9.9
最大電力供給能力 単相:12.0kVA三相:12.0kVA
試験サイトの減衰特性 ±2.0dB
ターンテーブル 直径:3.0m積載重量:1.0t
計測室の大きさ(m)(奥行×幅×高さ) 7.3×4.1×2.7

エミッション試験(EMI試験)

試験項目(基本規格) 試験対象ポート 主要特性(項目:仕様)
放射エミッション 筐体 測定周波数範囲 9.0kHz~18.0GHz
測定 3.0m,10.0m
伝導エミッション 電源線 測定周波数範囲 9.0kHz~30.0MHz
AMN電流容量 単相:32.0A三相:32.0A
通信線 疑似回路網のタイプ ISN(2線)、ISN(4線)、ISN(8線)、電流プローブ
電源高調波IEC61000-3-2 電源線 供給電源容量 単相:16.0A三相:16.0A
電圧変動&フリッカIEC61000-3-3 電源線 供給電源容量 単相:16.0A三相:16.0A

イミュニティ試験(EMS試験)

試験項目(基本規格) 試験対象ポート 主要特性(項目:仕様)
静電気放電IEC610004-2 筐体 最大試験電圧 ±30.0kV
試験器名 ESS-2000
放射性RF電磁界IEC610004-3 筐体 電界強度 最大30.0V/m
周波数範囲 26.0MHz~6.0GHz
変調条件 AM、PM、CW
EFT/バーストIEC61000-4-4 電源線 CDN電流容量 単相:16.0A三相:-
CDNのタイプ ノイズ研究所
信号・制御・通信線 容量性クランプの有無 有り
サージIEC61000-4-5 電源線 CDN電流容量 単相:20.0A三相:-
信号・制御・通信線 CDNのタイプ ノイズ研究所
伝導性RFコモンモードIEC61000-4-6 電源線 CDN電流容量 単相:16.0A三相:-
信号・制御・通信線 CDNのタイプ 有り
電源周波数磁界IEC61000-4-8 筐体 磁界強度 100.0A/m
対応周波数 -~-
コイルの大きさ 4.0m×4.0m
電源ディップ・瞬断IEC61000-4-11 電源線 供給電流容量 単相:16.0A三相:-
性能劣化および誤動作判定用機器

利用方法/認定機関

iNARTE 取得エンジニア 在籍
利用方法 依頼測定、立合測定、対策サービス、その他
認定機関 VLAC
試験可能製品 船舶機器、医療機器、無線機器、マルチメディア機器、照明機器、その他
その他 VCCI
設備使用料・その他
・2018年度より、日本自動車研究所が運営し、一般受託を行います。
・ロボット以外の試験も可能となりました。
・民生機器、車載用機器のEMC全般の試験が可能です。
・車載用機器については、お問い合わせ下さい
・試験センターでは、電波暗室以外でも振動・温度の複合環境試験傾斜路、衝突安全・衝撃耐久などの安全試験に対応出来ます。
・移動支援、介護、清掃、警備などのパーソナルケアロボットの安全性コンサルティング、安全性試験など御相談下さい。
・詳細は、日本自動車研究所ホームページをご覧下さい。

試験サイト写真

  • 予約状況はあくまで目安となります。詳細は各試験サイトにお問合せ下さい。
  • 試験サイト側が予約状況を記載していない場合も空白表記となります。
(「お問い合わせ」も上記よりお送りください)
  • 本表・項目名はCENDが独自に構成した物であり、いかなる理由においても全部または一部の無断利用・転載を禁止します。