イミュニティとは(EMS)

1.イミュニティ(EMS)の概要

イミュニティは電磁感受性(EMS:Electromagnetic Susceptibility)のことを示します。
具体的なイミュニティ対策としては、ノイズ耐性という観点からすると、センサなどの微小アナログ信号を扱う回路が、イミュニティ対策(EMS対策)を一番必要としています。

一般にアナログ回路はノイズに弱く、デジタル回路はノイズに強いと言えます。
その裏返しですが、デジタル信号はその高調波として高い周波数成分を有し、ノイズ源となります。
従って、アナログ回路はデジタル回路やスイッチング回路から物理的に離しておく必要があります。またグランドも共通化しないのが普通です。

その一方でデジタル回路もまた、駆動電圧の低下によって弱くなる(誤動作を生じやすい)傾向にあります。
最近では、イミュニティ対策(EMS対策)として、静電気の問題がクローズアップされてきました。
機器の軽薄短小化に伴い、人間の手に触れる機会が増加していることがその背景にはあります。

2.放射イミュニティと伝導イミュニティ

イミュニティ(EMS)は、もともとは医学用語の免疫を意味しており、EMCにおいては外部からの電磁波に対する耐性、すなわち外来電磁波に対して機器等が性能劣化なしに動作することができる能力をいう。
イミュニティ(EMS)に対するものにサセプティビリティ(susceptibility:感受性)がある。
これは電磁妨害波によって素子や機器等が性能の劣化が起きやすいかを意味している。
イミュニティにおいても妨害波と同様に伝導性イミュニティ、放射性イミュニティとがある。

図1.イミュニティ概略 図1.イミュニティ概略

イミュニティ(EMS)に対してエミッション(EMI)も存在するが、それは「エミッション(EMI)とは」で別途解説します。

Chapter.4